spriteの考察日記

オタクなブログ

新四皇 バギーの謎

最新話でカイドウ、ビッグマム退場後の四皇に、ルフィ、シャンクス、黒ひげ、バギーがなった事が明らかとなった。

 

① バギーの行方

最も最近の登場は、レヴェリーで王下七武海の撤廃により、拿捕に向かった海軍と衝突する所で描写が止まっていた。本人は手下達に戦わせてその隙に逃げるつもりだったようだが、何がどうなったのかインペルダウン投獄の危機から四皇にまで返り咲いていた。

 

② 何が起きたのか

拿捕に向かった海軍と衝突するところまでは確定しており、そこから四皇になった事が明らかになった。ここから考えると、バギー達は拿捕に向かった海軍に勝ったのではないだろうか。

普通なら拿捕されるバギーが拿捕されていない。つまり、海軍が革命軍や黒ひげの事件によってバギー拿捕どころじゃなくなったとしても、目の前で戦闘が起きる寸前だったことを考えれば、バギー達の力で海軍を跳ね除けつつ、バギー特有の妙な幸運が重なり四皇にやるような事が起きたと考えられるのではないか。

 

③ SSG

筆者がまず一番に思ったのは、SSGが大した戦果を上げれないうえに、バギー達に返り討ちにされたのではないか、という事だ。最新話での緑牛のセリフ「海軍はいまそんな気分じゃねえんだ。外の世界をめちゃくちゃだぜ」のセリフ。これはバギーや黒ひげ、革命軍による攻撃や事件によって様々な国で異変があったりレヴェリーが大騒動になったなど、考えられるだろうし、実際あったと思われるが、拿捕に向かった海軍に勝たなければバギーは投獄されるので、バギーが海軍に勝ち、さらに七武海に代わる戦力であるSSGが壊滅したせいで、世界の均衡が狂うどころか、七武海という脅威までSSGなしでやり合わないといけなくなったことを指しているのでは無いか?

これならば、緑牛の「海軍は今そんな気分じゃねえんだ、外の世界はめちゃくちゃだぜ」というセリフとバギーが拿捕されずに四皇に成り上がってる事の整合性が取れる。

 

④ 四皇への道のり

バギーが四皇になった理由と、外の世界がめちゃくちゃになっていることは、イコールだと筆者は感じている。

つまり、拿捕しにきた海軍との戦闘、または戦闘直後に何かとんでもない事をバギーは行っており、それがきっかけで海軍にとって世界がめちゃくちゃになるほどの被害、または現状悪化を招いた。結果的に主犯であるバギーが四皇に連なったのではないか。

 

バギーが四皇になるための可能性がいくつかある。

 

① バギー覚醒

恐らく最も低いだろう。バギーは初登場から一貫してギャグキャラであり、運が悪くインペルダウンに、運良く脱獄から七武海という典型的なギャグ的他力本願最強幸運キャラなのだ。作者の性格からその一貫性を崩すことは考えづらく、作者は読者の固定観念と読者の感性を大事にしているので、メタ的視点でもあり得ないだろう。

ルフィの悪魔の実や麦わら帽子にジョイボーイが宿っていて乗っ取られた説が出ていたがそれと似た状況と言える。

アレも急にルフィがジョイボーイになり、ルフィの人格が消えてこれまでの冒険もこれからの冒険もジョイボーイのものになるわけないのに、巷では騒がれていた。誰がそんな物語を読みたい?この作者は絶対にそんなことはしない。

つまりこの時点でのバギー覚醒はありえないと筆者は思う。

あくまでこの時点では。筆者は妄想の中でバギーは覚醒すると思っているので、いつか話したいと思う。

 

② 七武海がバギーのもとに加わった

なくは無い。それくらい強い仲間がいなければ四皇にはならないだろう。

しかし、七武海がバギーの下につくのは、性格的に考えづらく、また七武海はそれぞれ自身の縄張りがあり、そこをそれぞれ海軍に各個撃破されている状態なので、バギーが拿捕されずに戦っている時に、アマゾンリリーからハンコックが救援に来るなんて言うのも考えにくい

まず、最後の描写から分かる現状において、物理的に七武海がバギーのもとに集まるというのはかなり難しく、性格的にも考えにくいうえに、目的がハッキリしない。そもそも単独で海軍を突破できる者達ばかりだろう。

これも個人的には低いかなと思う。

 

③ 海軍撃破後に誰かの事件の首謀者と思われている。

これはかなりありそうである。バギーは今まで真実に尾鰭がついて信者を増やして成り上がったので、例えばバギーがきっかけで起きた些細な時間が七武海や黒ひげによって大きな事件へと発展し、主犯として取り上げられた事で続々と信者が集い、過去最大の海賊派閥へと急成長、結果として四皇いりした。

これならバギーのギャグキャラとの整合性も取れる。

 

④ SSG撃破

これは緑牛のセリフを軸に筆者が感じた事だ。海軍がお祭り気分にならない程、世界がめちゃくちゃになっている。

気分がここまで下がる事は何かというと、期待していたものが期待通りにいかなかったとき、このような気分にならないだろうか?

つまり、SSGという新戦力によって七武海はお役御免となり、さらに七武海拿捕にも使えるのに、海賊達に悉くやられてしまったと考えれば海軍がそんな気分じゃ無いことも納得できるだろう。

SBSでハンコックが…!となったいたので、全ての七武海がSSGや海軍を返り討ちにできたわけではないが、話題性と特徴的な見た目とギャグ要素としてバギーがその話題の筆頭となり、そこに海軍に追われた海賊達が集結し過去最大規模の海賊団となったと考えたらどうだろうか?

恐らくミホークやウィーブルも単独で突破したと思うが、いかんせんバギーほど目立たなかった。

あるいは、ミホークやウィーブルですら捕まってしまうほどの戦力であるSSGを突破したからこそ、バギーが話題となり、他の海賊達も傘下に加わった、これの方がより説得力があるか。

このパターンならバギーが海軍を突破したこと、海軍の気分、世界はめちゃくちゃ、と整合性が取れると思う。

 

⑤ 外の世界はめちゃくちゃ

これ自体は、革命軍による軍事活動や黒ひげの能力者狩り、七武海の抵抗、麦わら大船団の事件など様々に考えられる。実際、それら全てを含めている発言であり、それらが同時多発的に各地で起こっていると思う。

しかし、緑牛がこのシーン、このタイミングで、この発言をした事実は何を指すのかというと、革命軍や黒ひげ、七武海の抵抗、麦わら大船団の事件などを含めつつ、「SSGが機能を果たせず海軍の力では抑えきれないくらい事態が深刻なのに、お前ら麦わらの一味は人の気も知らずにお祭り騒ぎしやがって」と思いながら発言したのではないかと、筆者は感じたのだ。

 

⑥ まとめ

海軍の気分が下がる事があり、世界はめちゃくちゃになっている。字面と描写から読み取れる事は、何となく四皇になった理由とめちゃくちゃになった原因が同じだったり関連し合っているもののように感じる。

 

まとめると、バギーが四皇になるためには、他の七武海などの戦力には頼らずにバギーズデリバリーの面子で海軍を撃破し、世界がめちゃくちゃになるような事、あるいはきっかけの一つとなるような事をした。結果的に四皇になるほどの規模の海賊団となった。

 

バギーの状況と世界がめちゃくちゃになる事に繋がるものといえば、バギーを拿捕しにきた海軍及びSSGの壊滅が関連しそうだし、さらに海賊団の規模を大きくすることに繋がるだろうから四皇にまで登り詰めてしまった。

こう考えると色んなところと整合性が取れる気がする。

 

七武海が傘下に加わるも考えられなくはないが、海軍を自力突破できるだろうし、バギーの下につくメリットも性格的にも考えづらく、七武海はそれぞれの縄張りで海軍に襲われていたのでバギーのもとに集結するのが非常に難しい。

 

バギーが覚醒して四皇レベルの実力者になった。これも考えにくい。バギーというキャラの一貫性がないし、強いバギーより、お調子キャラのバギーの方がみんな好きであり、その事を作者は理解している。メタ的視点によってこの説はないだろう。

 

誰かが起こした事件、またはきっかけはバギーだが、別人が事を大きくした事件の首謀者として取り上げられ、海賊団も大きくなった。これもバギーのキャラ的に作者がやりそうな事だ。

しかし、拿捕しにきた海軍の突破と、海軍の気分が下がる事が微妙に合わないような気がする。もちろん、大事件を起こし、海軍がそこも戦力を割かなければならないとなれば、海軍も落ち込むだろうが、それだけでは弱い気がする。

 

現時点で、何故四皇になれたのか、何故あの危機から逃れられたのか、分からないが長期休載後の展開が楽しみだ。

ワノ国の開国 ②

最新話で様々な情報が明らかになった。ワノ国の開国についてみていこう。

 

① ゾウ

最新話でズニーシャがいなければ開国できないことが分かった。ただ、それは海流を変えることなのか?それとも滝をなくすのか、ワノ国を滝から下ろすのか、そこまでは分からなかったがズニーシャが必須なのは明確となった。

 

② 政府が開国を知っている

政府は開国のことまで知っていた。かつて鎖国をした時もその瞬間を見て伝えてきたのだろう。

政府側もズニーシャが開国の鍵という事を知っており、それに備えるかのように軍艦を向けていた。

 

③ 開国の対策

カイドウが負けたならワノ国を直接政府が支配しようとしていた。実質カイドウを傀儡にしていたようなものだから半ば支配していたようなものだが、軍艦が複数隻来ていたので、本格的な軍事侵略を企てていたのだろう。

 

④ 政府の狙い

政府はワノ国を開国させないのではなく、支配したい。この一点に尽きる。開国=ニカの出現と巨大な戦いの勃発に繋がるので、政府としては開国させたくないはずだが、開国されても大軍を送り込んで支配する気でいた。つまり開国されても対策はあり実行していた。モモノスケの起点によって不発に終わっただけで政府は対策をとっていたといえる。

 

⑤ 政府がしたいこと

何らかの形でワノ国に干渉し、コントロールしたいのだろう。カイドウがいた時は黒炭ひぐらしを使ってカイドウを唆し、ワノ国をめちゃくちゃにしつつ国力を落とさせていたし、開国したなら大軍を送り込み支配しようとしていた。

ワノ国を支配する、というよりワノ国をニカ側に渡させない事を重要視しているように見える。最新話でワノ国にプルトンがある事と無関係ではないだろう。恐らく、開国にはズニーシャが必要であり、開国しないとプルトンを動かせないのだろう。ワノ国の開国にズニーシャが必要であることを知っている政府がワノ国にプルトンが眠っていることを知らないというのは考えにくいので、ワノ国の直接支配=プルトンの入手とも取れるのではないだろうか。

それならば、政府がアラバスタを実行支配しない意味も分かる。政府からすればアラバスタを支配するのは造作もないことなのに、そこにあると言われている古代兵器を取りに行かないのは解せなかった。政府は、そもそもアラバスタにプルトンが無いことを知っていたので手を出さず放置しており、本命のワノ国の開国に合わせてプルトンを使わせる前に支配するために軍艦をワノ国に向かわせていた。こう考えるのが自然だろう。

もちろん、政府が開国までは知っておりプルトンのことを知らなかった可能性もあるし、プルトンとは別の原因でワノ国の開国により、ワノ国が物理的に下海に降りる事で、世界がひっくり返る可能性が上がることを知っていたので阻止に向かったとも考えられる。

しかし現在出ている情報では、ズニーシャによってワノ国が開国され、開国されることで要塞ではなくなるので現在の政府の軍事力で支配が可能。支配する意味は海桜石やポーネグリフの加工技術、侍の軍事力、そしてプルトン、これらが考えられる。開国した者たちより早く、あるいはプルトンを動かされても支配ができる勝算が政府にはあるのかもしれない。

 

妨害念波の正体

ONE PIECEの最新話で、五老星がCP0と会話を妨害してCP0を脅迫した人物がいる。少し考えてみよう。

 

① 会話の内容

ワノ国の近海にいる世界政府の船からCP0が五老星にワノ国の現状を伝えてるシーンがあった。

そこでは、ルフィの覚醒とズニーシャが消えた事が伝えられた。そして半ば八つ当たりのような形で、五老星から「ニコ・ロビンくらいは連れて帰れるんだろうな」と言われて、「必ず!」と言ったところで妨害が入り、「お前らそこで待ってろ、俺がそっち行くから」というメッセージが入った。

 

② 状況整理

ロビン拿捕の指令下した直後に、妨害が入り、恐らく五老星側の通信がジャックされて何者かがCP0に向けて話しかけた。「CP0!CP0!!」と言っているのは恐らく五老星だろう。その通信が完全に切り替わり、妨害したものが喋り出すという描写であった。

その内容は、CP0を動かないように制し、そちらに妨害した何者かが行くという流れである。

 

ここで疑問点と状況を整理していこう

 

・船は政府の軍であり、恐らく海軍ではない

海軍は元帥のサカズキが「ワノ国は世界政府非加盟国なので軍は送らない」と言っていたので、基本的にワノ国内でのCP0の暗躍や、世界政府とオロチやカイドウの関係性は海軍を介さずにCP0を通して直接政府が関係を持っていたと考えられる。

つまり、ズニーシャが現れた時にワノ国に向かっていた軍艦の数々は五老星またはCP0が直接動かせる海軍以外の軍であり、それを察知した何者かが通信妨害を行うと共にワノ国に向かった、と考えられる。

 

・そっち行くからはどこ?

そっちというのはどこの事だろうか?

「俺がワノ国に行くからお前らは動かなくていい」ということなのか。それとも、「お前らをワノ国に行かせねえ、白黒つけてやるからそこで待っとけ」なのか、色々可能性が考えられるが、妨害者が向かうのは、ワノ国なのか、CP0のもとなのか、それとも政府の軍なのか、この描写では断定できない。

 

③ 目的はなんなのか

描写をそのまま捉えるなら、ロビン拿捕の妨害だろう何せロビン拿捕の命令の直後に通信が遮断されたのだから。

しかし、むしろこの会話の直後に間髪入れずに妨害していることに違和感を覚える。あまりに妨害がスムーズに成功していないか?妨害の仕組みが分からない以上何とも言えないが、CP0と五老星が会話を始めた辺りからすでに妨害の準備は始めていて、ロビン拿捕の話のタイミングでたまたま妨害が成功したとも考えられる。この場合は妨害者の目的がロビン拿捕の妨害ではなくなる。言わば敵と言えるだろう。

しかし、シンプルに描写を信じるなら、ロビン拿捕の話のタイミングで妨害を始めて、ロビンを守るために動き出したと読める。このパターンなら少なくとも敵ではないので、できればこっちのパターンが望ましい。

 

別の可能性として、妨害者自らロビン拿捕に向かう可能性も捨てきれない。しかし、これはわざわざ五老星との通信を遮断するという危険を犯してまで政府の意向に沿った行動をしているので政府側の者であればあり得ない。であるならば、何らかの三者がロビン拿捕に向かって動き出しているのではないだろうか?

ワノ国とは、政府でも手が出せない要塞であり、カイドウという最強生物に侍という未知の兵力が存在している国である。つまり近づくどころか、ワノ国の情報すら殆ど外に出ないのが常識である

つまり、妨害者の条件として、ワノ国の現状を五老星やCP0と同レベルで把握しているか、その目で見ているか、五老星達を盗聴していなければ妨害することすら不可能なのだ。

それならば、シンプルにロビン拿捕を妨害する、またはCP0に恨みを抱いている者が電波妨害して、行動でも妨害しようとしていると考えるのが自然だろう。

 

④ 誰が妨害したのか

政府側ならわざわざ通信を遮断する必要ないので、五老星側の者ではないだろう。

 

妨害者の可能性としてあるのは、

① 海賊

② 革命軍

③ 政府側の反抗者

この辺だろうか。

 

①海賊

最も可能性が低いのではないだろうか。そもそも海賊は海軍から逃げる立場であり、仮に目の前の海軍を倒しても次から次へと押し寄せてくる。つまり戦うだけ海賊側が疲弊してしまう不毛な争いであり、全くメリットがない。四皇が海軍に睨みを効かせられるのは、海軍と消耗戦をしても簡単には倒れない程の人数を持っているからに他ならない。つまり海賊側が海軍と衝突するには相当な理由が必要である。ロビン拿捕はその理由に値するかも知れないが、わざわざ通信を妨害してまで挑む事はしないだろう。

さらに、カイドウ撃破直後という世界に情報が回る前に、四皇が落ちた事を把握し、CP0と五老星の関係や現場の状況を知っている事になる。これは海賊には不可能だろう。加えて、五老星とCP0という恐らくこの世界で最も強い電電虫を使っているであろう両者に妨害できる電電虫と技術を持つものは、少ないだろうし、それが海賊側とは思えないのだ。

 

②革命軍

あり得そうである。あれだけ簡単にマリージョアに潜入しているくらいだから、五老星やCP0の近くにスパイが紛れていたとしてもおかしくはないし、革命軍なら電電虫の妨害も得意分野だろう。ロビンとも関わりがあり、ルフィとも関わりがあり、敵は世界政府ではなく天竜人としているあたり、物語の整合性も取れそうな気がする。

 

③ 政府側の反抗者

これもかなりあり得そうだ。それなりに上層部の人間なら五老星を盗聴することも可能だろうし、反抗しているなら政府側のCP0の邪魔をすることも説明できる。ここでそれをやってそうなのは、機密部隊ソードの隊員やそれこそ、カイドウ撃破から7日後のワノ国にやってきた緑牛などがあり得そうだ。あと個人的に青雉が来たら面白いと思う。政府から離れて闇にいる青雉なら五老星を盗聴する事も可能だろうし、ロビンとの関わりもあり、政府と折り合いがついてないので妨害する理由もある。さらに気になるのは口調である。年を取った者の喋り方ではないので、それこそ緑牛や青雉やサボなどの若めのキャラの印象を受けた。

 

筆者としては、妨害者の可能性としては革命軍または、政府側の反抗者だと思っている。革命軍ならサボ、政府側なら緑牛や青雉かと思われる。

五老星やCP0に盗聴できる技術と立場があり、ロビン拿捕を妨害する理由があり、さらに若い口調の人物。果たして誰なのだろうか?

 

⑤ タイムラグ

緑牛だった場合、CP0に釘を刺して現場に向かうまで7日かかっていることになる。時間がかかりすぎではないだろうか?ただワノ国に向かうだけならむしろ速いと思うのだが、CP0に釘を刺したくらいでこいつらが止まるとは思えない。むしろ五老星の勅命が下った直後なので脅迫されようがロビン拿捕には必ず向かうだろう。となると緑牛だと釘を刺してから現場に向かうまでCP0にやりだい放題させてしまったことになる。しかし、ルフィ達の余裕っぷりを見るとCP0がロビン拿捕に向けて動いているとは夢にも思ってないだろう。この事から何らかの方法でCP0の行動を妨げた人物がいると考えられる。

 

⑥ 海軍と政府の軋轢

素直に受け取るなら、ロビン拿捕をさせないために、五老星とCP0の間に電波妨害を行い、実際に行動してCP0を妨害し、ロビンや一味を守った人物がおり、それはCP0の下に直接向かったと考えられる。これをできる立場と妨害技術と戦闘力を考えると、緑牛、青雉、サボくらいしか筆者は思いつかない。ちょうど緑牛はいまワノ国に来たので、緑牛と考えるのが一番妥当だろう。

しかし、これはあくまで政府側の話。海軍はワノ国に関与せずと決め込んでおり、カイドウ撃破直後というのは恐らくサカズキですら四皇が2人墜ちた事を知らないだろう。何故ならワノ国と直接取引をしていたのは海軍をすっ飛ばしてCP0を使って五老星が行っていたからだ。そこに加えてワノ国に関与しないと言っていたのだから通信妨害の時点では海軍側、つまり緑牛が通信妨害したとは考えにくい。

 

⑥ まとめ

要点をまとめると、この時点で妨害できる人物の条件として

 

① 四皇撃破とニカの出現を当事者レベル、少なくとも五老星と同じレベルで知っている。

② 五老星とCP0のやり取りを知っていて、さらに盗聴できる技術を持っている。

③ 決戦から7日間、ロビンや一味が無事なので、その間CP0を何らかの手段で阻止できる立場と力を持っている。

④ 恐らく海軍ではない

何故なら、海軍はワノ国に関与しないスタンスなので、ドレークが報告するまで政府が直接ワノ国と関わりがあるのを知らなかった。

つまり、「五老星やCP0がワノ国で怪しい動きをしているから、盗聴したり様子を見よう」と、疑う事すらほぼ不可能。というか発想すら出てこないだろう。

 

これらの事から、妨害者は相当なスパイ技術とCP0を止めれるだけの武力、五老星やCP0を出し抜くほどの情報を持っている人物と言える。

他に考えられる事として、機密部隊ソードが最初からCP0や五老星を怪しいと考えており、常に盗聴しているとしたら、ソード関係者の海軍の線もある

むしろ緑牛がソード側でルフィ側に立っていてくれたら個人的には嬉しい

特に緑牛と藤虎はマリージョアでサボ達と激突しているので、何らかの情報や交渉をしている可能性もある。

 

さて、この妨害している人物は誰なのだろうか。様々な考察者さんに何とか答えを導き出して欲しい。

黒ひげの発言

直近の黒ひげのセリフといえば、「海軍に取られるくらいなら俺が貰っちまおう」という発言が有名である。

 

① 何を指しているのか

シンプルにサボのメラメラの実のことだと思った。描写の時系列的にサボの安否不明の後にこの描写があったので、バージェスが取り損ねたメラメラの実を奪いにいく。自然な流れに見える。

 

② 他には何が当てはまるのか

よく聞く考察として、古代兵器、ハンコック、などを見かける。

確かに趣味が考古学で、力を欲している黒ひげなら古代兵器のことは知ってそうだし、欲しがりそうだ。

黒ひげは捕らえたボニーを俺の女になるならと勧誘していたので、女好きである事が分かってるし、それならハンコックも欲しがりそうだ。

 

③ 比較考察

古代兵器を取りに行く事は、何も不自然ではないし、黒ひげなら存在や在処を割り出してても違和感はない。

しかし、問題は黒ひげの台詞回しにある。「海軍に取られるぐらいなら」と言っている事だ。これは、別に無理してでも力づくでも手に入れる必要があるわけではないが、他の者の手に渡るよりは自分のモノにしたい、そういう意味になる発言だ。何故なら本当に必要不可欠で何としてでも欲しいものなら、こんな軽い発言はしないし、もう奪いに行っている描写があってもおかしくないはずだ。

 

さらにこの説の問題点は、ロビンよりも先に黒ひげが古代兵器や空白の100年などのなぞに辿り着いている事が前提だ

。ロビンでも旅をしながらまだ解決してない問題を黒ひげが一足飛びで先を越せるだろうか?

黒ひげが古代兵器にたどり着くほどの秘密を解き明かせるくらいの知識があるなら、とっくに手に入れてるだろうし、黒ひげが解き明かしてなくてもそれに代わる情報を持ってたとしても、それなら他の四皇もとっくに古代兵器を手に入れてるだろう。

もっと言うなら、ここで急に脈絡なく、秘密を解き明かせる知識もない黒ひげが古代兵器の事を指す発言をするだろうか?

前提が既に破綻しているように筆者は見える。

 

ハンコックについても、「海軍に取られるぐらいなら」が引っかかる。まるで道具や物を指しているように聞こえないだろうか?

いまハンコックは海軍に拿捕されそうになっている。黒ひげは「取られるくらいなら俺が貰う」と言っているが、これはつまり、[ハンコック拿捕]を[取られるくらいなら]がイコールになる事が前提の考え方だ。

「取られる」、と言う事は「取った何かを」「取った者が使う可能性がある」時に出てくる言葉ではないだろうか。人というよりかは道具や物などを指す時に使いそうだ。

無論、人を取ると言う言い方は一般的にも使われるが、ハンコックは海軍によって拿捕されインペルダウンに投獄させられる可能性がある話の中での、「取られるぐらいなら」発言なので、上記の「取られる」が道具や物を指していると仮定した場合、「取られるぐらいなら」は海軍に投獄させられるハンコックを指すようには見えないのだ。

ハンコックの美貌や能力が海賊王の条件でもないだろうから、わざわざ危険冒してまで取りに行くほどのものではないと思う。

そもそもこの説は、海軍拿捕=海軍に取られると黒ひげは認識している事が前提だ。しかしハンコック拿捕=インペルダウン投獄が確定している以上、「投獄」と「取られる」がイコールにならないように読み取れるし、インペルダウンに美女が投獄されたところで黒ひげは困らないだろう。

 

④ まとめ

つまり、「海軍に取られるぐらいなら俺が貰っちまおう」が、古代兵器の事であるならば、四皇や海軍がとっくに取っていてもおかしくないし、急に脈絡のない古代兵器が出てくるとは思えない。さらに古代兵器ならば黒ひげは何としてでも手に入れるだろうから、「取られるぐらいなら」のような軽い言い方はしないだろう。

 

ハンコックであるならば、「取られるぐらいなら」と言う言葉が、投獄させられる者を指すようには見えない。「捕まっちまうぐらいなら」という言葉でいいわけだし、どうしても欲しいわけではないが取られたら困るから俺が取りに行くという発言なので、海軍に取られてもインペルダウンに投獄させられるだけなので、ぶっちゃけ問題ないし、海軍とバチバチにやり合ってでも必要な美貌でも能力でもないと思う。

 

上記のことを考えるとこの発言は、[何としてでも欲しいわけではないが、誰かに取られて使われたりするくらいなら俺が取りに行く]と取れる。

つまり何としてでも欲しいものではなく、取られて誰かに使われると面倒なもの、を指していると考えられる。

さらに描写の流れや話の脈絡的に古代兵器やハンコックとは到底思えない。

それよりかは、バージェスが取り損ねて、能力者狩りを行なっている黒ひげにとって有用なメラメラの実の方が現実的だ。

いずれにせよワノ国編が終わればこの辺の話も進んでいくだろう。

ヤマトの立ち位置

ワノ国編で登場したカイドウの息子、ヤマト。

もはや麦わらの一味のように感情移入できるキャラクターだが、実際に仲間になるのだろうか?

 

① ヤマト

ヤマトはおでんの航海日誌を読むと同時に、霜月牛丸などの剣豪の生き様を見て、エースと友達で、海に出たいと願っている人気キャラクターである。

最新話で麦わらの一味の船に乗せてもらう。光月おでんことヤマトだ。よろしく。と挨拶していた。

正式な加入ではないが、ルフィがいいと言えば仲間入り確定している。

 

② 麦わらの一味の役割

筆者もヤマトの事は大好きだし、種族も亜人っぽいから麦わら一味にピッタリで、戦闘力も申し分ないが、麦わらの一味になるには、何がかしか役割の割り当てが必要である。

 

・ナミは航海士

・サンジはコック

・ウソップは狙撃手

・チョッパーは船医

・フランキーは船大工

・ブルックは音楽家

・ジンベエは操舵手

このように役割がハッキリしている。

ゾロとロビンを除いたのは、役割の変更とルフィによる役割の確定があるだろうと考えたからだ。

ゾロは戦闘員として1人目の仲間だが、麦わらの一味には副船長がおらず、そして船には副船長が必要である。ロジャーにとってのレイリーの例があるように、なんとなく船長が最初に勧誘した者は実力的にも役割としても副船長になるのがしっくり来るし、そういう規則性があるような気がする。

つまり、ゾロは今後、戦闘員というよりかは副船長的な立ち位置にもなるのではないだろうか?

そしてロビンはルフィから明確に役割が与えられていない。ご存知の通りグランドライン制覇にはポーネグリフの解読が不可欠であり、今のところ解読できるのはロビンのみ。

読者はこの事実を知っているからロビンの役割は考古学者と考えがちだが、恐らくルフィはその事をあまり認識していない。言ってみればただ乗せてあげてるだけなのだ。

というよりここまで物語が進んでいながら今だにルフィとロビンの間にポーネグリフを巡った明確な話し合いや、空白の100年とDの意志について議論がないのが不自然すぎる。

恐らく何処かでルフィがポーネグリフの解読を必要とする、またはロビンが空白の100年を知りたい=ルフィのONE PIECEやラフテル到達の目標と重なる事で、ロビンの考古学者という役割が正式に割り当てられるようなイベントがあるのではないだろうか。

 

③ ヤマトの役割

最も考えられるのが、書紀としての役割だろう。おでんの日誌を読んでいるので記録を残すことの重要性を理解しているはずだ。

ただ、これはあくまでヤマトにできることの一つであり、ルフィが望んでいる役割ではない。もっと言うなら誰でもできる事ではあるのでヤマトである必要はなく、ロビンやナミでも可能だ。

となると、ゾロが副船長に繰り上げになれば戦闘員が空くのでその枠に収まる可能性がある。

どちらにせよ、役割としては書紀か空席になった戦闘員かなと思う。副船長でも似合わなくはないけど、流石に最古参のゾロを置いてそれはないだろう。

 

④ 光月おでん

ヤマトはおでんの航海日誌を読んでおでんに憧れた。そして世界をひっくり返す様を見るために、ひっくり返すために海に出たいと思っているキャラクターである。むしろ誰よりもおでんに近しいキャラクターである。

なのでヤマトは光月おでんのように、ロジャーの船にゲスト乗船するのではないだろうか。

おでんも、レイリーやロジャーからしたら仲間だろうが、客観的に見ると白ひげから1年という条件で借りた人材であり、心情としては仲間だろうが実際はグランドライン制覇のためのゲストである。この立ち位置は今のヤマトに凄く似てないだろうか?

 

⑤ ゲスト乗船

筆者はこうなるのかなと思っている。ヤマトは好きだし、仲間になるやろとずっと思っていたが、役割が不明瞭でゾロの副船長話も筆者の妄想に過ぎないので可能性は高くない。となると、世界がひっくり返るまで乗船しているゲストになるのではないか?ちょうどロジャーにとってのクロッカスやおでんのように。

これならば役割も関係ないし、おでんの航海日誌を読んでいる事からネタバレ嫌いなルフィとの齟齬も何とかなる。

 

⑥ ヤマトの人気

ただ、ゲスト乗船の一つ問題点はヤマトの人気が高い事だ。これだけあからさまに自分から麦わらの一味に乗りたいというキャラクターはいなかったので、仲間になるフラグが立つゲストキャラだと思ったのだ。実際、話の脈絡はなんとなくそう思わせる部分も多かった。しかし、これだけ人気が出ると作者が話の路線を変更する可能性も大いにある。そしてそれを肯定する伏線もばら撒かれているので、すんなり加入できるだろう。

 

⑦ まとめ

恐らく麦わらの一味に正式加入するだろう。役割は戦闘員か書紀。それ以外にもモモの助と共にワノ国に残り支えるパターンもあるが、筆者はそれよりはロジャーにとってのおでんやクロッカスのようなゲスト乗船の方が可能性は高いと思っている。

幻獣種とニカ

ONE PIECEでは悪魔の実に幻獣種と言うものがある。そこについて見ていこう。

 

① 幻獣種とは

幻獣種とは、伝説や神話上の生き物である。九尾の狐や青龍、フェニックスなどが当てはまる。これらは実際に作中でも登場しており、能力も伝説通りだったりイメージ通りのものを兼ね備えている。

 

② 現実世界にあるもの

採用されている幻獣種は、フェニックスや青龍、九尾の狐など、現実世界の伝説や神話上に存在している幻獣だ。そして能力も大体イメージ通りのものである。

 

伝説や神話以外にも大仏も存在しているので、宗教上の神や概念のようなものも幻獣種として採用される場合もある。

 

このように幻獣種は現実世界の神話、宗教、伝説に登場する生き物や神、概念などがONE PIECE世界でも幻獣という形で登場している。

 

ONE PIECE世界と現実世界

現実世界の神話や宗教などの生き物や神がONE PIECE世界にある以上、そこがリンクしているのは間違いない。その点から考察しているYouTuberさんが沢山いらっしゃる。どのようなものが採用されていて、これからどんなものが採用されそうなのか、それは考察者の方々にお任せするとして、疑問になるのは今までのものは現実世界のものをオマージュとして採用しているところだ。

さらに、作中でもフェニックスや青龍などの能力者を見た時に、登場人物のリアクションや知識量から、現実世界と同等の神話や宗教、童謡や伝説などが存在し、同じような知名度を持っていると言えるだろう。

 

④ ニカの違和感

これまでONE PIECE世界で幻獣と呼ばれているものは、現実世界に存在している神話や伝説、宗教などに登場してくるものであった。そのため、ニカが出てきた時に違和感があったのだ。「ニカってなに?聞いたことないからONE PIECE世界の神か」と思ったのだ。

これは単純にニカという名前の神を聞いたことなかったからONE PIECE上の作者が作った神と思ったのだが、悪魔の実の幻獣種モデルニカとして登場した時にこの考えを疑った。

これまでの規則性が美しい中、物語の整合性を取るために、物語終盤で、これだけ盛り上がってるワノ国編のクライマックスで、ポッと出の作者オリジナルの神を登場させるだろうか?しかもフーズフーが初めてニカの名前を出したが、それまでに一切の伏線がなく、急に登場した時点で、筆者は全く感情移入が出来ず、盛り上がるどころかむしろ冷めてしまったのだ

もちろん、ニカの正体がこれからもっと明かされれば、過去のあの描写がニカに繋がるのか!となるかもしれないし、その先の展開のための伏線を今出したと言えるかもしれないが、作者らしくない伏線の貼り方とも思う。

 

⑤ ニカはオマージュなのかフィクションなのか

今までの傾向的に、急に作者オリジナルの神を登場させるだろうか?むしろ現実世界にもニカという存在があるんじゃないの?と思うのだ。

実際、どのような神話や神、幻獣が現実世界にあるのか筆者は調べてないが、これまでの規則性を考えるなら様々な神の複合やオリジナルの神というのは考えにくいと思う。ましてフーズ・フーが急にニカの名前を出した時に興醒めしてしまった読者は筆者だけではないだろう

 

⑥ メタ的視点におけるニカ

現実世界のどこかに、ニカという神が出てくる神話や童謡などがあったとして、知名度が全くないものを採用するだろうか?

作者はキリスト教オオカミ少年や桃太郎、ガリバー旅行記など、誰もが知ってる神話や童謡、宗教などを頻繁に作中に登場させている。作者の遊び心かもしれないが、ONE PIECEを読むたびに筆者は、作者が読者の琴線を撫でる事を非常に強く意識して描いていると思っている。

 

しかし、登場したのは名も知らぬ神。伏線と言ってもワノ国編のわずか数巻の間に伏線が張られ、ニカという存在が詳しく説明されぬままルフィの能力として登場した。この流れで「おお!ルフィはニカになれるのか!、なんて感動的な展開なんだ!」となるだろうか?まずならない。つまり、感情移入と展開が釣り合ってないということになる。そんな話にこの作者は絶対にしない。

つまり読者の感情を非常に敏感に想定しながら描く作者の描き方と正反対の描写でニカが描かれているのだ。

 

⑦ まとめ

ここまで話を整理しよう。

 

幻獣種は現実世界にある神話や伝説、童謡、宗教から採用されている。

作中でも現実世界とリンクしている伝説や神話、宗教、童謡などがあり知名度も現実世界と同等と言える。

作者は誰でも知っているような神話や伝説、宗教、童謡などを作中で採用し読者を感情移入させたり、楽しませたり、規則性や共通認識を作り上げたりすることを強く意識して描いている。

上記3つとニカの名前出しから能力の覚醒までの描写がまるで一致していない。つまり作者らしくない。

 

①から④までの事を考えると、ニカが現実世界の神話などに登場しているにしろいないにしろ、今後もっと感情移入できるような物語が描かれると考えられる。

これは、「ニカという神に対する説明がない」、「空白の100年に太陽の神に対する出来事がある」「太陽の神や解放の戦士という」など、単に考察系から派生した筆者の考察ネタではない。この記事で書いてある通り、もっと深度の深い所を考えた上での、ニカの背景が描かれるだろうという考えなのだ。

 

このような全く正体の分からない知名度のない神を主人公の能力にし、さらに最終回が決まって逆算式に描かれている物語という事を考えると、感情移入させるためのニカの背景物語は、空白の100年やONE PIECE、世界をひっくり返す事などと、非常に密接している内容だと筆者は思っている。

 

まだまだ一波乱ありそうなワノ国編。今後の展開も楽しみである。

新パーティ2回目

ドンファンハピナスボーマンダでの2回目の挑戦は54連勝でストップ

 

最近、全くやってなかった事もあって全体的にプレイングが怪しい。

 

ドンファン意外と良い線行ってると思ってたが、草系の両刀アタッカーがキツい事が判明。

 

負けた試合は、ウツボットギガドレインを死に出し初手のドンファンで鳴き声撃つけど粉で避けられる。

ボーマンダの威嚇を3回挟んでハピナスに交代したが、急所と毒を引いて落とされる。ボーマンダで身代わり張りながら無理やり龍の舞を2回積んで倒すがジュゴンを一撃で落とさずビームで負け。

 

この敗戦の前に、キノガッサバシャーモハッサムのパーティに苦戦を強いられた。キノガッサドンファンで鳴き声入れながら耐久していたが、急所に当てられて死亡。ハピナスに交代したが鳴き声で6段階下げてても身代わりが耐え切らないのでボーマンダで2回積んで倒す、バシャーモも倒す、ハッサムが鉢巻カウンターでギリギリで倒す

その前の試合は爆発持ちナッシーの処理が上手くいかずこれもギリギリで倒す

 

高火力両刀の草アタッカーに全体的に弱い

ドンファンが機能しないし、キノガッサハピナスにも決定打があるしで余計に対面しにくい

 

うーん、ドンファンじゃなくてやはりエアームドなのかなぁ